初心者ママの育児

離乳食の悩みはどうすればいいのか

産後の一番のお母さんの仕事と言えば授乳です。 授乳については他のページでくわしく解説していますので、そちらをご覧いただくとして、ここでは、授乳が終わってからのことを書きたいと思います。 授乳中は、2人目以降の出産でない限り、育児を無我夢中でしていると思います。 いろいろ考えている暇なんてなくて、赤ちゃんが泣けば、授乳をするという日々が続くことでしょう。 そして、授乳が一旦落ち着いて、次は離乳食になります。

このあたりから育児に慣れてきます。 育児に慣れるということはいいことなのですが、一方で悩みを抱きはじめる時期でもあります。 いつから離乳食をはじめようか?、うちの赤ちゃんの成長はどうなんだろう。 また、育児に悩みすぎて、ノイローゼーになってしまうお母さんもいます。 今は、そういった悩みがあれば、スマホですぐに検索して、悩みを解消できるように思うのですが、現実はそうではないことが多いです。

十年以上前は、育児の悩みは本で解決するか、自分で解決するかしかありませんでした。 今は、スマホで何でも調べることができます。 ただ、スマホで調べてもなかなか自分の悩みになった回答を見つけることができないことがほとんどだったりします。 さらに、検索した回答を読んで、さらにイライラしてしまうお母さんもいるということです。 なので、悩みを検索するというのはあまりいい方法ではないということです。 それではどうすれば産後に理想の育児にすることができるかといいますと、周りの子どもさんがいるお母さんに聞くということです。

周りには、自分にとって理想の育児をしているお母さんというのがいると思います。 その方には自分の悩みを包み隠さず、話すようにするのです。 そうすると、そのお母さんも真剣に考えて、よい方法をアドバイスしてくれます。 その方のアドバイスだけを信じて、自分の育児をするようにしてみてください。 そうすれば、産後に迷いがなくなります。 あとは、自分を信じて育児するのみです。

本やスマホの情報、さらにママ友などいろいろなところから情報を手に入れるようにすると、余計に悩みが増幅してしまいます。 時に育児はあまり積極的に情報を手に入れないほうが、上手くいくものです。 例えば、離乳食についても、一生懸命に作った離乳食をすぐに吐き出してしまい、全然食べてくれない。なんてことが続くと、お母さんは本当に疲れてしまいます。 そんなときは、離乳食を始めるのが早いのではと思って、無理に離乳食に切り替えない。 そして、今まで通り、授乳を続けることんのほうがよかったりするものです。

ここで、卒乳や断乳の心配をしないことです。 いつかその時がくれば、赤ちゃんも卒乳してくれます。 無理に卒乳をしてしまうと、あとで、好き嫌いが多い子どもになったりすることもありえます。 今の育児では無理にすることはよくないことだということになっています。 もちろん、しつけはある程度、お母さんの理想で行うことが必要ですが、それでも赤ちゃんが泣きわめいてしまったら、それ以上はお母さんが無理なことをしないというようにしましょう。

産後にかかりやすい病気

上では赤ちゃんの育児について書きましたが、お母さんの体調について書きたいと思います。 例えば、出産前はとても元気だったのに、産後、体の不調を訴えるお母さんはいます(産後の便秘解消に必要)。このとき、育児を優先するあまり、自分の体の不調は我慢して生活しているという方も多数います。その気持ちはわかるのですが、そんなときほど、旦那さんや両親の助けを借りることが必要だと思います。 責任感のつよいお母さんほど、誰にも相談せず、体の不調を自分で解決しようと考えがちです。

しかし、もし、体調が悪化したら、それこそ、育児ができない状態になりかねません。 なので、病院に行く間だけでも旦那さんに育児を頼むようにお願いしましょう。 病院に診察してもらい、別に大変な病気でないならそれでいいわけですし、何か重大な病気にだったら、すぐに治療をすることで最悪の事態は避けられるはずです。

特に、産後にかかりやすい病気である膀胱炎、腎盂炎は放っておくと、大変です。 なかなか自分が膀胱炎、腎盂炎にかかっているかどうかを判断するのは難しいですが、背中が痛いとか頭痛がする場合は病院に早めに行くようにしましょう。 また、便秘や貧血でもいつもと様子が異なると思ったら、そのままにせずに病院に行ってください。

初めての育児について書いたページ 何度も書きますが、産後は突然、体調不良を起こすものです。 いくら気を付けていても、産後は赤ちゃんを産んだばかりですので、仕方がありません。 それよりも、体調が悪いと感じたら、我慢しないことが大切です。 そんなときこそ、周りの助けを借りることも重要です。 育児は1年で終わりというものではありません。 赤ちゃんを産めば、ずっと続きます。 まずは、お母さんが万全の体制で育児に専念できる環境を作ってください。